http://tetsuracing.blog93.fc2.com/

テツの小BLOG

テツの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いわきに行ってきました。

3/27
に日帰りでいわきのバイク仲間に支援物資を届けてきました。
まずはじめに、
今回の東日本大震災で被災された方々にお見舞い申し上げます。

というわけで、
テツれーしんぐぅ的視点で、今回日帰りでしたが
少しだけ被災地といわれる部分を体感してきましたので
忘れないようにレポートにまとめてみます。
あくまで個人的見解ということでご容赦のほどをお願い致します。

事のきっかけは、
アキコが「いわきは風評被害で物資不足なんだって」との情報に
心配していたのがきっかけでした。
僕たちの住む地域はほとんど震災の影響は消えガソリンすら
並ばずに買えるようになった先週、
「どうせなら持っていこう」と決断し、仕事しながら平日に
コツコツ準備をして日曜日に決行という流れでした。
ラリーや林道ツーリングでお世話になっていたいわきの仲間に連絡して
水と燃料が不足しているということで出来る限りですが集めてみました。
この時点で僕自身は半信半疑。
正直「寄付や義援金、救援物資はいっぱいあるから
後は自衛隊や自治体が何とかしてるんじゃね?」と思っていました。

いつもながら土曜深夜に仕事上がりで荷物準備できたのが3時過ぎorz
流石に運転は疲れるだろうから1時間仮眠とって5時出発。
常磐道もいわき中央までは開通とのことで高速を軽快に飛ばす。
と思いきや、水戸から先は50km規制。。。
これはホントに規制必要で至るところジャンプ台がありました。
地盤が相当被害を受けたんでしょうね。

9時ころ到着。小名浜在住のゆーじさん、ナックさんと
アキコが連絡を取りまずはゆーじさんと集合しガソリン分けて
ナックさんの会社へ。ナックさんは地元の方々とNPOも立ち上げて
いる方でそこにガソリンと水や食料などを渡して物資支援は終了。
後はゆーじさんが建築関係のお仕事をされているということで
津波被害を受けてしまったであろうお客さんのもとへ何件か情報収集
しながら移動。途中では壮絶な光景が。。。
地震の揺れ被害はそんなに酷くは無かったようなんですが
(それでも水道管が割れたりと被害大だったのですが・・・)
漁村や海水浴場のある海沿いは津波で壊滅的被害を受けていました。
テレビ報道では福島県北部から三陸沿いがとても
凄惨な光景のため報道されがちでしたので事前情報的には
もう少し大丈夫かと想像していたのですが凄かった。

ガレキ以外何も無し。
なにかの警報機の音がむなしくがれきの山から鳴っているだけ。
地震が来なければ、物凄く長閑で平和な風景が望めたであろう街。
とりあえずガレキをよけて道を通れるようにしただけで
何から手をつけていいのか判らない状態に見受けられました。
自衛隊も活動されてましたが、本当に元に戻るのか、
不安になってしまいました。。。

そんな地域を抜けて、津波はあれど壊滅的では無い集落に
ゆーじさんの知り合いの方がいて、そこで急きょボランティア
活動開始ということになりました。
そこは漁港を中心とした密集地の中の新聞屋さんで破壊的では
無いものの、津波が胸くらいは来たようで浸水被害だけでもえらいことに
なっていました。
まずは流されて自宅の納屋の入口にひっかるよう止まっていた
マイカーをハイエースで引っ張りながら大人数人を集めて移動。
その後は新聞屋さんの事務所の片づけということで
そのお手伝いということでした。
事務所の中も壁を見ると1m以上水が来ていたようで
あるものすべてが水没して使えない状態でしたが
重要な書類などを家主の方に仕分けして貰い、
そのあとは沈殿した泥とともにかき出す作業でした。
家財を出しつつ、泥をスコップでかき出す流れでしたが
色々なものが混在していてなかなか前には進まず
やっと事務所の床がすべて見えたのは数時間後でした。
建物の外に出した後それを大きな産廃用の袋に入れ
ユニックのお知り合いさんが来たので積み込みをし、
それを近くの漁港の広い場所に捨てに行きました。
もうすでにかなりのがれきの山になっていましたが、
こういった災害時のがれきの処理ってどんだけ手間とコストが
かかるのかとふと考えました。



****************************************

20110327iwaki-01.jpg
アクアマリンふくしま@小名浜港(水族館)も津波で被災。
ガラス張りの建物は一見大丈夫そうでしたが岸壁は波打つように壊れ
中も水没してしまった様子。小名浜港一体にがれきが散在して
大型漁船や台船が打ち上げられたりで相当被害大。
ゆーじさん情報ではマリーナも全滅だそうです。


20110327iwaki-03.jpg
20110327iwaki-04.jpg
上の2枚はいわき市平簿磯地区。
壊滅的被害で護岸堤防も流されていた。正直いわき市以南で
こんなにも津波被害が酷い地域もあるんだと驚愕。
まだまだ報道されてないだけで救援の必要な地域は山ほど点在している。

*****************************************

そんなわけでわずか半日、数時間でしたが
支援活動を終えてゆーじさんの計らいで地震後再開初日の
湯本駅前の「A屋食堂さん」で超うまい沖縄料理を食べて解散!
街はまだまだ他の店も開いていなく、閑散とはしていましたが
コチラのお店には震災後初外食初お酒の方々が来られていて
街も復旧も急務なんだなぁと実感。

食事中は、地震の話、津波の話、原発の話、色々しました。
KTMの話とかもw 
まだまだすべてが復興するには時間がかかりそうですが
現場は常に動いています。いろんな足りないものを
みんなで考えて補って行ければそれが支援になるだろうと思います。
ゆーじさんも言っていましたが
「案外物資はある。足りないのは人手だな」
被災された各地で千差万別かとは思いますが、
義援金だけでは前に進まないってことが
僕が体感したことですね。




20110327iwaki-05.jpg
20110327iwaki-06.jpg

記念撮影ド真ん中は「ヘンドリックス・ケンタロウ」
なんでもオージーのハーフで小学校の英語教師として数年前来日。
いわき市で被災。数日間は東京に避難していたようですが
いわきに戻って津波被害の復興支援をしていました。
新聞屋さんで一緒に作業して意気投合したんで打ち上げも一緒。
日本人より日本語勉強してるようです(笑)
クルマはマーク2のバリバリシャコタンだし(爆笑)
とても気さくでいい人で色々話ししました。
こんな英語教師がいる小学生は羨ましいですな。

_20110327iwaki-06.jpg
↑足の曲がらないこの方は
道中すべて助手席w
活動中は子供の世話係ww
やるねぇ!www




たった一日の災害ボランティアでしたが
僕達のできることはまだまだありそうです。

僕が準備していった「がんばれ東北!」のロゴ。
一日たって
間違いに気付きました。

がんばれ→がんばろう、だなと。。。


がんばろう東北! 


  1. 2011/03/28(月) 16:08:22|
  2. 出来事
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。