http://tetsuracing.blog93.fc2.com/

テツの小BLOG

テツの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロードレースへ!

テツのレーシングヒストリー第7弾!
いよいよ筑波編ですwww

--------------------------------------
1997年後半

1998シーズン前、必死で貯めたお金をローンの頭金にして
1998モデルの新車RS125を購入。
まったくのゼロから筑波サーキットにて走行開始。

RS125
慣らしなのに転倒して泣きが入りましたw


アニキの働いているバイクショップが母体の
”チームホンダウイング千葉”で活動するものの
レーサー(レース専用マシン)経験者は皆無で、整備から走り方まで
色んな本を読んだり、講習会に行ったりして
ベースを学び、筑波サーキットでは
同じピットになった人とかに色々あつかましく
聞いたりしてました(笑)

新車が来るのが待てない間に、見かねたアニキの好意で?!
CB400SFでこっそり筑波選手権デビューをしたのですが
N-NKクラスも当時は結構台数がいたしレベルも高くて
予選は5位、決勝10位でした。
よく覚えてないけど決勝スタートミスって
全然ダメダメだったような気がします。
そんな簡単にいいレースはできませんでした。。。

CB400SF
この写真は1998年のものかもしれません(不明)


CBの方はあくまで借り物だったし、当時は
テツの頭の中では2ストレーサークラスで
どんどんステップアップするんだという気持ちで
一杯だったので
すぐに気持ちを切り替えて1998開幕戦まで
自分のRS125でもくもくと練習に励みました。
当時の筑波選手権は一時のレースブームは去っていました
がGP125クラスはまだ激戦で、予選も2組に分かれていて
予選ボーダーは3秒フラット位と予想していました。
練習では最初こそ5秒くらいでしたが
なんとか開幕までには予選通過タイムはクリアーできました。

自分の中ではレースを大きく分けて3年計画を立てていて
1年目は勉強のシーズンと考えていました。
でもレースをやる以上、予選落ちはしたくないし
何より決勝一番勉強になるので
開幕前はえらくラップタイムに対してナーバスになってましたね。



  1. 2007/09/13(木) 23:59:59|
  2. テツHistory
  3. | コメント:0

夜明け前。

写真がなかなか無くて大変ですw
レーシングヒストリー第6弾!
ロードレースまではまだまだです(笑)

---------------
1996年
学校も4年になり進路も気になる頃
レーサーになることを決意www
でもまだミニバイクです(爆)
NSR50-2
筑波サーキットで行われていた本コース耐久には
毎年出ていましたが大体誰かが転倒していて
ろくに結果は残ってませんね~
NSR50
そんなことしているうちに学校は卒業。
環境はなかなか変えられずに時間ばかりが過ぎていく中
アニキがここでもいい舵取り役になってくれた。
なんとバイク屋に就職したのだ!
そこで少しずつレースに対する環境が変わっていった。
テツはレーサークラスに照準を絞り
マシンを買うためにトラック運転手で頑張って
お金貯めてました。
1997シーズンはそんな感じで焦っていましたが
筑波サーキットでのレースの手伝いをしたりして
徐々にレース参戦に向けて準備していった年でしたね。
その頃出会ったレースの先輩達には色々と教えてもらって
感謝してます。
大方の人達がテツの体のデカさを見て
”125ccは無理だよ、やめとけって”
って言ってました。
今となってはその時の忠告はとても正解だった訳でwww
仲佐さんに紹介してもらってブンゲンさんwや小室さんに
話し聞いて貰ったりしましたね~。
小室さんはその当時無敵の関東SP125チャンプで
すげぇ人だと尊敬していました。
ステップアップされていく途中、志半ばで
テスト中のアクシデントで亡くなられてしまったのが
凄く残念でした。
真面目に頑張れば目標は達成できると言ってくれた
のを僕は忘れません。
いろんな人にアドバイスを貰うことができて
とても勉強になりました。
やはりレースをする上でチームや人間関係などは
とても重要なファクターだと思います。

俺がもたついている間にアニキがロードレースデビューしてたw
しかも新車のCB400SFをレーサーにして!しかもロスマンズカラーwww
このCBはのちにテツに転機を与えてくれます^^;
店長号

テツはその頃新規カテゴリーとして注目されていた
NSR150とRS125で迷った挙句
レースやるなら新車だろ?とアニキの一声で
1998年式RS125Rの新車を注文!?し
ロードレースへの道へと突き進んでいきます。

ps
NSR150はその後成立するレースも少なく数年で廃止
あの時選択誤らなくてヨカッタwww
  1. 2007/08/25(土) 23:59:59|
  2. テツHistory
  3. | コメント:4

ま~ジャンプはこんなもんですw

レーシングヒストリー第5弾!
1995年頃パート2!

-----------------------------
学生時代は所属した2輪部の活動に
専念してました。
1995年は自分達が3年になり幹部としての活動となり
ある意味結果も求められていましたね。
テツはレース部門?だったんでレースに参加して順位を
結果として出して活動に認めてもらおうと頑張りましたよ。
オフロード中心の部活としては大学生を対象に行われていた
”キャンパスオフロードミーティング”
という大会で結果を出すのが目標となってました。
そこでは個々の成績をポイントで集計する団体戦
があり、それに勝つ為にあの手この手を考えたわけです。
当時、僕らのチームはモトクロスが得意な選手が殆どいませんでした。
ライバルチームには数人モトクロス経験者がいるようで
それに勝つにはと考えたのが
”数打てばなんとかなるさ”作戦www
スプリントでも人気薄だった80ccクラスや
レディース、ビギナークラス等に的確にポイントが取れる
ライダーを投入し大量ポイントを狙う作戦です(爆笑)
セコイ作戦でしたが、みんなそれぞれ力を出す為に
合同練習などを繰り返し一丸となって活動できたのは
良い経験と思い出になっています。

結果としては
東日本大会、全国大会共に団体優勝することが出来
確かチーム賞としてEZ-9を頂いたと思いますw
どんなレベルであっても所属するチームの経験や
雰囲気はレースに参戦する上でとても重要であることが
この時も既に感じることが出来ました。

個人的には、ミニバイクレースとの掛け持ちで
殆ど毎週日曜日は練習かレースという日々が続いてました。
オフロード練習は結構行ったんですが
ジャンプは最後まで怖さが抜けずビビッてました(爆)
後にスーパーモタードに参戦するんなら
この時から練習しとけばよかったと後悔しきりですw
80ccのピーキーなエンジン特性で
程よく前に進めるテクニックはその後のレース活動に
大きく役立ったと思います。


CR80軽井沢
軽井沢のフィニッシュジャンプ

KX80茂原オフロードコース
茂原の連続ジャンプ

アキコKX80
レディースクラスで頑張るアキコwww


まだまだロードレース参戦までは程遠かったですな。。。


  1. 2007/08/17(金) 23:59:59|
  2. テツHistory
  3. | コメント:11

風よ筑波へ~♪

連荘でUPしてます、レーシングヒストリー。
シリーズ第4弾!

---------------------------------------
大学時代のメイン活動はミニバイクレースでした。
ロードレースをやりたい気持ちは山々でしたが
周囲に本格的に参戦している知り合いもいなくて
情報も無かったし、金銭的にも厳しいし
何より50ccもまともに乗れなかったら通用しないと思ってました。

活動範囲も筑波東、京葉、茂原、桶川、秋が瀬、松戸、岩井などに
行きましたが練習は京葉、レースは筑波東がメインでしたね。
筑波東はなんと言っても筑波本コースの裏にあり
自分的にも”将来は絶対こっち側で走るんだ!”と思いながら
フェンス越しに見学していましたねwww

レースの方は学生時代の4年間は結果的にはボロボロでしたね(爆)
準備もレベルが低かったし、練習もがむしゃらに走っていただけ、
装備なんかいっつもガムテープでブーツやバンクセンサー止めてたしw
今考えるとなにやってんだか?という感じでしたが
当時は一生懸命やっていたはずなんですよね。(笑)
チャンバーとリヤサス買うお金が無いから
いつもノーマルクラスに出てました。

最初は茂原サーキットのスプリントに参戦。
ノーマルクラスが無いのにもかかわらず
チャンバー無しでも大丈夫だろ?と安易にエントリーしたら
台数40台オーバーでなんと予選落ち!
当時はクラスも多くてB決勝も無く
予選だけ走って終了~!超凹んで帰りましたwww

一番気合入れた1995シーズン。
少しずつタイムも上がってきていて
筑波東コースのシリーズ戦に照準を合わせて
スプリントと耐久にダブルエントリー。
当時はノーマルクラスとはいえ予選が2クラスあって
まずは決勝Aメインに残ることが必須でしたが
いつも結構ギリギリ予選通過って感じでした(涙)
決勝なんてもっと最悪でこの年のスプリントは
” 全 6 戦 決 勝 す べ て 転 倒 リ タ イ ヤ ”
という
とんでもない結果が残りましたwww
しかも殆どハイサイドだった・・・(爆)
耐久クラスもやっとこ6位くらいが最上位だったと思いますが。。。
チーム名を”ちいむはいさいど”なんて言ってた
のが良く無かったんでしょうかね?www

そんな感じで学生時代のレース活動は
殆どレベルアップしないまま?!w
時間ばかりが過ぎていきました。

つくば東コース
1995年:IRCカップサンベストミニバイクレース(筑波東コース最終立ち上がりにて)
  1. 2007/08/16(木) 13:31:28|
  2. テツHistory
  3. | コメント:2

学生の夏といえば!

テツのレーシングヒストリー第3弾!
話はカナリそれてますが
レーサーになる前、まだ学生だったテツは
色々やってました!w
----------------------------------

長い夏休みが学生の特権とばかりに
部活の連中は北海道などに長期ツーリングに
いったりするんですよ。
そんな中なぜか”北海道ミーティング”なるものがあって
北海道に行かなくてはならないイベントがありました。
テツはレース資金を稼ぐ為に目一杯バイトしていたんですが
イベントを無視できるはずもなく、行くことにしました。
でも街乗りバイクが無いので知り合いに不動車のTZR125を譲ってもらい
適当にCBR400RRのライトとかつけて1週間だけバイトを休んで
行ってきたんですがまあ色々ありましたよwww

・小樽行きのフェリーに乗る前に新潟で居眠り→事故る寸前(爆)
・上陸初日にエンジン抱きつきSTOP(以後ハイオク&オイル濃い目に・・・)
  マヂデ終わったと思ったら鬼押しがけで息吹き返すw
・8月の北海道は寒すぎて持って行った物をすべて着て走ったw
・サロマ湖畔で追い越ししたら見事オマワリサンのお世話に(爆)
・食べ物は好き嫌いが激しく道中は殆どコンビニ弁当で過ごすwww
・摩周湖&オンネトーはスバラシイ景色に感動
・富良野だけは”北の国から”見物でマニア全開(十勝岳温泉入ったw)
  宮沢りえが入った露天風呂は最高のロケーションでしたw
・たった1週間で3000kmオーバーの超強行スケジュール
・帰りは全部下道。仙台過ぎた辺りでライトとれた(笑)
・帰ってきて1ヶ月もせずにTZR君エンジン終了~廃車~www

などなど思い出は一杯ありますね~^^;
今想い返せば折角だったらもっと休みを取って
できれば4ストオフ車(XRなんか最高w)で行きたかったです。
林道も入れば北海道の醍醐味は倍増しますからね。

レースばかりじゃなく、バイクを通じて出会いや景色を観て
人生観を広げられたような北海道ツーリングでした。
バイクに乗るひとには是非オススメしますよ!

TZR125北海道
1995年:北海道夕張市にて(TZR125)

次回からはレースネタに戻りますよ~!
  1. 2007/08/15(水) 03:21:06|
  2. テツHistory
  3. | コメント:7
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。